ようこそ、
長崎県ソウル事務所のウェブサイトへ

活動

2018モドゥツアー旅行博覧会に長崎県ブースを出展しました!


2018年9月25日(火)

 

2018年8月30日(木)~9月2日(日)、韓国ソウル特別市にて次のとおり開催された「2018 モドゥツアー旅行博覧会」に、長崎県ソウル事務所関係職員ほかで参加し、長崎県ブースを出展しました。

 

1 開催期間:2018年8月30日(木)~9月2日(日)〔4日間〕

2 開催場所:COEX(コエックス)〔韓国ソウル特別市江南区〕

3 来場者等:韓国所在の旅行会社及び関係メディア、一般来場客

4 参加概要:長崎県ブースの出展による長崎県及び長崎県の観光地ほかのPR

 

今回で第5回目を迎えた同博覧会では、開催期間中の4日間で約6万人の旅行商品予約と約500億ウォン(約50億円)という歴代最高の販売実績を記録しました。これは、昨年の2017モドゥツアー旅行博覧会の開催実績からそれぞれ43%、61%の増加を示すものです。韓国の旅行市場の活況さが伺える一面ではないかと思います。

日本からは自治体、観光関連団体、ホテル・観光関連会社などの皆様が参加し、各ブースでそれぞれの地域や施設などのPRが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎県ブースでは、長崎県ソウル事務所とハウステンボスソウル営業所が連携して、観光情報や新しい施設の情報などのPRを行うとともに、「長崎カステラ」と「長崎カステラプリン」の試食・PRを実施しました。「長崎カステラ」、「長崎カステラプリン」はともに大人気で用意した試食は全て来場客の皆様に召し上がっていただきました。特に、「今年から韓国での販売が開始された「長崎カステラプリン」については、関係会社の代表者の方も一緒に参加しPRを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、同博覧会場にて配布されるタブロイド誌『旅行新聞2018モドゥツアー旅行博覧会特別版』には、ユネスコ(国連教育科学文化機関)世界文化遺産の登録決定を2018年6月に受けた「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」や「九十九島湾(2018年4月世界で最も美しい湾クラブ加盟)」ほかに関する記事を長崎県ソウル事務所が掲載し、長崎県ブースにてPRを行いました。さらに、同博覧会の主催者である株式会社モドゥツアーネットワークのハン・オクミン社長から長崎県への感謝状が贈呈されるサプライズもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎県ブースを訪れた来場客の皆様からは、「長崎県の聖地巡礼の資料はありますか?」、「長崎の旅行商品を買ったのですが、関係資料はありますか?」、「長崎県の地図をください。」、「長崎県にはこの前行って来ました。」、「長崎ちゃんぽんは本当に美味しい。」、「長崎カステラが大好きです!」など、たくさんのご質問やお声をいただくことができました。ただ、「長崎県はどこにあるの?」という声もいくつかあり、これからも長崎県をPRしていく必要があることを改めて認識しました。

 

長崎県ソウル事務所では、このような旅行博覧会をはじめ、今後もさまざまな機会を捉えて、引き続き長崎県をPRしてまいります。

 

お問い合わせ